FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごく腑に落ちた

 朝、通勤の時にラジオを聞いている。腑に落ちる、いや目から鱗の話を聞いた。
 日本の唱歌には、季節を歌ったり、目に見える風景を歌ったりしているものが多くある。それは、ある学者(これを聞き漏らしてしまった、残念!)の話では、美しさを歌い上げることで、自然が人に及ぼす悪いことを防ごうという呪術的な意味があるのだという。歌を作る時に、それを意識しているという話ではなく、「民俗学的な?」「心理学的な?」考証によるものなのだろう。「早春賦」や「ふるさと」が例に挙げられていたが、確かにいい歌だと思うしなぁ。そういえば、和歌にも、風景を詠んだものは、たくさんある。自然から痛手を受けても、「美しい」「なつかしい」「心が洗われる」・・・と歌いあげる気持ちは、自然に対する謙虚というか、敬虔な気持ちの表れとも言えるかも知れない。
恋の歌もいいけれど、味わい深い唱歌が消えていくのは寂しく感じる。
晩ご飯の後、「あれ、今日、いい話を聞いたんだけど、何だったかなぁ。」と考えて、ふっと思い出したので、書いておく。

Comment

失われていくもの
どうもキール♂です。
味わい深い歌でも物事でもいつの間にか消えてしまうと感じる事はあります!
でも、それを拾い上げて伝えていこうという人もいます。
分かる人には伝わると信じて.....
オイラはそんなに分からない......かも(笑)
2012-03-17 #- URLEdit
sakakkey
はじめまして、さかっきーと申します。

なんというか・・・。

記事のタイトルの通り、
すごく腑に落ちました^^

こういう事って無意識にすごく影響を与えてる気がしますね。
2012-03-17 #- URLEdit

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

プロフィール

sd2sgk

Author:sd2sgk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
PR
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。